ユーティリティ

2021年10月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カテゴリー

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

Feed

エントリー

今週のこち亀は「ラジカセ」かあ

親戚が持ってた「再生部が外せてポータブルになる」ラジカセが出てたな
トリプルラジカセとか色々レアな機種を紹介してたけど、
うちのじいちゃんが持ってた「カセットが前と奥の二枚で入る」ヤツは無かったな

15年前にオレが東京出てきたばっかの頃はまだカセットMTR(カセットテープで多重録音するヤツ)が全盛期で、
スタジオ練習にいくとカウンターで必ずテープが売ってたもんだけど、
音の良いメタルテープは生産終了し、ウォークマンも先月国内生産が終わって、
もうカセットテープを使う理由がどこにもなくなっちゃったな
オレもなんでこんなの部屋にずっと置いてんだろうな
ファイル 474-1.jpg
このTASCAM238、基本的にはdbxNRなんだけど、
数年前にTASCAMオンラインの在庫処分品でDolby S NR(BでもCでもなくS)モデルが出てたことがあった
そういうの見るとちょっと手が出そうになるから恐い
でもdbxでもなんの不満も無かったな

当時はこいつとローランドのポケットシーケンサーPMA-5で曲作ってました
そのうちX68kとPMA-5間でのMIDIの同期を覚えて、
Macの165cとMidigraphy(フリーウェア)と88PROで音作るようになって、
さあ次はMTRとMIDIを同期させるぞってあたりでiMacとCubaseVST4.1を買って、
もうそれっきりテープは使わなくなっちゃった
だってまあその頃WinではすでにフリーウェアでHDDレコーディングができたりしてて、
いやでもMTRとMIDIが同期できれば同じ環境だ、とか踏ん張ってたけど、
実際に波形切り貼りとか覚えるとなあ
なんかもうテープに録音してんのがアホらしくなって

ちなみにほとんどのMTRの対応テープがメタルではなく「ハイポジ」
何度もパンチインとかやってるウチにハイ落ちするから、
全体的にバランス取るために低域の薄いハイポジなんだそうな

ページ移動

トラックバック

  • トラックバックはまだありません。

トラックバックURL

https://www.sorairoehon.net/blog/index.php/trackback/474

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
投稿キー(スパム対策に、投稿キー を半角で入力してください。)
コメント
閲覧制限

過去ログ